名前が暗示する人生の転機と運 総画42 福運を生かすには

 

総画とは、姓と名を合計した数です。

その人の総合的な運勢を表し、精神や肉体、家庭、仕事など、全てを支配し、影響を与えます。

姓名判断の基本5格(天格、人格、地格、外格、総画)の内、最も影響力のある画数です。

42の数意:多芸運
 

 

42画は、心優しく穏やかで、周りの人に安心感を与える人たちです。

生真面目でありながら、遊び心に溢れています。

というのも、42画の人たちは、何でもこなせる手先の器用さと、何にでも興味をもつ豊かなアンテナを持っています。

様々に試してみたくなる好奇心の多さと社交性は、42画の人生に楽しさを引き寄せるでしょう。

42画は、この世を楽しむために生まれてきた人たちなのです。

 

神に愛される人

 

42画の人たちは、奉仕精神に溢れています。

人のためになることを喜びにできる気質をもっているため、人から嫌われることはないでしょう。

持って生まれた技能を活かして、野に咲く花のように、慰めや励ましや喜びを他者へ施し、役に立とうとするかの人たちは、神に愛される存在です。

故に、42画の人たちは、サポーターとしての生き方が性に合っているといえます。

どのような形であれ人に尽くすことは、最も神に喜ばれることであり、その人生には、穏やかな幸福が与えられているのです。

 

器用貧乏

 

42画は、本質が移り気なため、なかなか一つのことを究めることができません。

また人当たりもよく、技能技術が買われて、人から頼まれごとも多くなり損をしがちです。

 

42画は大木でも雑草でもない、風にそよぐ花の気質をもっています。

独立心が薄く、受け身で、他者を頼りとするところがあるため、気が弱く、傷つきやすく、心が不安定になりがちです。
小さなことにくよくよしてストレスをためることも多いでしょう。

その気質が増長すれば、人見知りとなったり、消極性が行動を阻んでここぞというチャンスを逃してしまいます。

そのため、この42画は、不和、散漫、悲哀、失敗の意という凶に転じる危うさも秘めているのです。

 

福運42を生かすには:好きを究める

 

42画の人たちは、一見すると気弱に見え、目立つ存在ではありませんが、実は内には強い炎を眠らせています。

普段は炭火のような暖かさで、人の心を癒しますが、一たびこれぞというものを見つければ、燃え盛る炎のような熱のエネルギーを生み出すでしょう。

 

多芸多才

 

42画は多芸運です。そして努力の人でもあります。

強い意思と粘り強さをもてば、その才能は開花する暗示をもっているのです。

 

一つのことに専念すること、チャンスを掴む勇気と決断力を養うことで成功の道は開かれるでしょう。

心配ありません。42画は冷静な判断力をもっているのです。

路傍の草花も、その気になれば大輪の花となるような人生を選べるということを覚えておきましょう。

 

 

42画は、人の助けとなる仕事や、趣味を追求して実力を発揮します。
秘書、公務員、または広告宣伝関係、作家、商売など

 

総画42の人の転機

23~24歳
32~33歳
41~42歳
50~51歳
59~60歳
68~69歳
77~78歳
86~87歳

 

 

姓名判断において、数は吉数と凶数に分けられます。

吉数は、繁栄、富貴、名声、発展と人生の追い風となります。

凶数は、波乱や病難、事故や苦労を招きやすいとされ、忌み嫌われる数です

ですが、最大の危機は最大のチャンスというように、実は、凶数は、強運(凶運)となり得るものなのです。

また、吉数という福運に胡坐をかいていては、それを十分に活かすことはできないでしょう。

人の運気は、人の心が作るものです

吉数の人は、与えられた福徳を存分に生かし、

凶数の人は、その裏にある才を活かし、凶運によって与えられた新しい局面を、勇気をもってチャレンジし、人生を切り拓いていきましょう。

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]