名前が暗示する人生の流れと運 姓名判断 基本数2 凶運を強運に変えるには

 

姓名判断は、1~9の数字を基本としています。

基本の数の組み合わせには、81の意味があり、性格、才能資質、人生の流れを暗示しています。

数意は、吉と凶に分けられますが、それは修行の形を表しているにすぎないため、例え凶であったとしても悲観するものではありません。

 

2の数意:動揺運

孤独

 
2画は、凶数です。

意志弱く、独立進歩の気運なく、不安紛争変動の凶意を表します。

というのも、2画は、生死を絶え間なく繰り返すという意味を含むため、この世を生き抜く本質的な強さに欠けています。

 

花のように美しく聡明、かつ、頼りなく心身ともに繊細な人たち。

かの人たちは、自立の気概がなく、他者を頼りとして生きる傾向があります。

そのため、依存心や嫉妬心が強くなり、不安を抱えがち。

それを増長するのが、2画の持つ分離の象意です。

それは、人との別れを表しています。

対人トラブルや家庭の縁が薄いという、一生を通して孤独がつき纏う人生を暗示しているのです。

 

凶運2を強運に変えるには:花咲ける場所を知る

 

人に尽くし、人を喜ばせることのできる可憐な花の気風を持つ2画に与えられた運勢は、

人に、人生に揺れ動かされる動揺運です。

 

ならばその本質を活かせる場、

大木の下に咲くような、雨が風をよける環境を選ぶことは、凶運を退けることになるでしょう。

トップではなく補佐的な立ち位置を選ぶことが重要です。

 

元々、サービス精神が旺盛な2画です。

社会的な順応性、集中力、人への気遣いに長けた資質を活かすことで、活躍し、安寧を得るでしょう。

 

また美意識も高く、優しく、手先も器用であるため、美に関係することや、芸能、技術の道でも才能を発揮し、忍耐をもって進めば、成功も可能になります。

 

姓名判断において、数は吉数と凶数に分けられます。

吉数は、繁栄、富貴、名声、発展と人生の追い風となります。

凶数は、波乱や病難、事故や苦労を招きやすいとされ、忌み嫌われる数です

ですが、最大の危機は最大のチャンスというように、実は、凶数は、強運(凶運)となり得るものなのです。

また、吉数という福運に胡坐をかいていては、それを十分に活かすことはできないでしょう。

人の運気は、人の心が作るものです

吉数の人は、与えられた福徳を存分に生かし、

凶数の人は、凶運の裏にある意味を知り、勇気をもってチャレンジし、人生を切り拓いていきましょう。

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]