名前が暗示する人生の流れと運 基本数6 福運を生かすには

 

姓名判断は、1~9の数字を基本としています。

基本の数の組み合わせには、81の意味があり、性格、才能資質、人生の流れを暗示しています。

数意は、吉と凶に分けられますが、それは修行の形を表しているにすぎないため、例え凶であったとしても悲観するものではありません。

 

6の数意:天徳運

6画は、5画同様、生まれながらにして徳を備えた人たちです。

その徳とは天の徳であり、豊な能力、才能が授けられています。

夢や理想を描き才能を生かしてその道を進みながら、更なる徳を積んでいく人たち。

 

その性格は温和で優しくお人よし。

誠実で、親切心が旺盛なため、多くの友人に恵まれ、人望を得て、豊な人生を送るでしょう。

 

名誉、財産、家庭隆昌、子孫繁栄、生涯安泰の大吉数です。

 

福運6を生かすには:仁人

 

6画に与えられた天徳。

 

これは、6画が人を救ってきたことによる恩恵です。

人のために尽力できる人情家の6画は、時に損をすることもあるでしょう。

ですが、6画の運は積み重ねた陰徳により更に強くなることを忘れてはいけません。

 

仁人とは、

人を生かすことのできる人

 

6画は、人をうまく生かし動かすことのできる人です。

互いの弱さを補い、強みを高めて、物事を成功へと導く。

調和という愛の形を以て、事を成し遂げることは、天の理に適うものです。

福運は益々の恵みを運んでくることでしょう。

 
また、天賦の才を生かし、理想の道を着実に進み貫くことも天徳を積むことになります。

 

 

姓名判断において、数は吉数と凶数に分けられます。

吉数は、繁栄、富貴、名声、発展と人生の追い風となります。

凶数は、波乱や病難、事故や苦労を招きやすいとされ、忌み嫌われる数です

ですが、最大の危機は最大のチャンスというように、実は、凶数は、強運(凶運)となり得るものなのです。

また、吉数という福運に胡坐をかいていては、それを十分に活かすことはできないでしょう。

人の運気は、人の心が作るものです

吉数の人は、与えられた福徳を存分に生かし、

凶数の人は、凶運の裏にある意味を知り、勇気をもってチャレンジし、人生を切り拓いていきましょう。

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]