名前が暗示する人生の流れと運 基本数3 福運を生かすには

 

姓名判断は、1~9の数字を基本としています。

基本の数の組み合わせには、81の意味があり、性格、才能資質、人生の流れを暗示しています。

数意は、吉と凶に分けられますが、それは修行の形を表しているにすぎないため、例え凶であったとしても悲観するものではありません。

 

3の数意:希望運

2画が陰に咲く可憐な花ならば、3画は陽の気を放つ華やかな魅力に溢れています。

太陽のような明るさで周囲を照らす、人気者。

3画は、万物を生ずる、天の恵みを受けた大吉数です。

 

大志大業を成す

 

3画は、芸術性、社交性、先見性、感受性、知力に優れています。

活力に満ちていて、行動力は旺盛、おおらかな人柄の良さも加わって、自然と人が集まってきます。

才能と魅力と頭の良さは、3画を人の上に立たせるでしょう。

リーダーシップを発揮して、周りに影響を与え、協力しながら、必ずや成功の階段を上るのです。

 

福運3を生かすには:慎重

 

恵まれた3画は、恵まれた運勢故に、忍耐力に欠けています。

そのため、短気が出やすく、我儘です。
 

また、弁舌にも長けているため、それが災いしてただのおしゃべりとなり、誤解を招きがち。

浅はかな言動や行動は、栄光へと向かわせる福運を無駄にしてしまうでしょう。

 

そんな3画に必用なのは、慎重さです。

有り余るほどのエネルギーは爆発的な飛躍の原動力となるものです。行先を間違えてはいけません。

才能開花のために、一つのことを継続させる忍耐力と修養、思いやりと慎重さを養いましょう。

 

姓名判断において、数は吉数と凶数に分けられます。

吉数は、繁栄、富貴、名声、発展と人生の追い風となります。

凶数は、波乱や病難、事故や苦労を招きやすいとされ、忌み嫌われる数です

ですが、最大の危機は最大のチャンスというように、実は、凶数は、強運(凶運)となり得るものなのです。

また、吉数という福運に胡坐をかいていては、それを十分に活かすことはできないでしょう。

人の運気は、人の心が作るものです

吉数の人は、与えられた福徳を存分に生かし、

凶数の人は、凶運の裏にある意味を知り、勇気をもってチャレンジし、人生を切り拓いていきましょう。

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]