名前が暗示する人生の流れと運 基本数4 凶運を強運に変えるには

 

姓名判断は、1~9の数字を基本としています。

基本の数の組み合わせには、81の意味があり、性格、才能資質、人生の流れを暗示しています。

数意は、吉と凶に分けられますが、それは修行の形を表しているにすぎないため、例え凶であったとしても悲観するものではありません。

 

4の数意:困苦運
知的で上品。

落ち着いた外見の4画は、見返りを求めず人に尽くす美しい心を持つ人たちです。

頭の回転が速く、人よりも先を行くような独創性をもち、高い自尊心を秘めた人。

大人しく見せながらも、内にはたぎる熱を抱き、勉強、修養に励もうとする向上心を持っています。
 

不運不幸

 

4画は分裂の象意を持つ画数で、人生全般に苦労が多く、努力が実りにくく、破財や病難、困難を招きやすい凶運の流れを持っています。

結果を出せない、思うようにいかない状況に、4画の内なる火種はくすぶり続け、憤懣は積り、精神的に苦しめられるでしょう。

そのはけ口が、他者に向かえば、対人トラブルとなり、家庭の縁にも恵まれず、人脈も得られず、孤独の道を歩むことになるのです。

 

 

凶運4を強運に変えるには:自修自立

4画が困苦運とされる大元の原因は、自身の成長や状況が阻まれる、発展しない、ままならないことへの苛立ちや焦りです。

これを打開しなければ、人生は困難なものとなり、やる気もなくし、果ては身も心も縮こまる状態=困窮を招くでしょう。

 

4画は、外からの負の支配を克服せねばなりません。

 

そのためには先ず自ら反ること、不安定な心をいかに不動なものとすることが必要です。

自分に甘く人に厳しい4画は、口先だけで行動が伴わず、信用に欠けています。

自己を先ず反省し、強い実行力をもって、真に学び、自ら修めること。

自主性、自立性を持つことが大切です。

自分に自信を持てるようになれば、自ずから平常心は生まれてくるでしょう。

 

また4画の困苦を取り除くのは、人の気です。

不平不満を人にぶつけてはなりません。

 

4画は、取り巻く状況や環境によって、美徳である奉仕の心を見返りを求める悪徳へと傾けてしまいます。

例えその時報われずとも、積み重ねた献身、奉仕は、必ず4画を救います。

持ち前の、人に尽くすという徳を大いに積むことは、周りの人からの感謝や愛を引き寄せ、巡り巡って4画の凶運を退けるということを覚えておきましょう。

 

姓名判断において、数は吉数と凶数に分けられます。

吉数は、繁栄、富貴、名声、発展と人生の追い風となります。

凶数は、波乱や病難、事故や苦労を招きやすいとされ、忌み嫌われる数です

ですが、最大の危機は最大のチャンスというように、実は、凶数は、強運(凶運)となり得るものなのです。

また、吉数という福運に胡坐をかいていては、それを十分に活かすことはできないでしょう。

人の運気は、人の心が作るものです

吉数の人は、与えられた福徳を存分に生かし、

凶数の人は、凶運の裏にある意味を知り、勇気をもってチャレンジし、人生を切り拓いていきましょう。

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]