あなたの願望は本物か 願望成就を邪魔する心の矛盾を消すには

願望を叶え幸せになるための絶対法則⑧

 

願望を叶える人は、頭の中に常に願望があります。
寝ても醒めても気付けばそのことばかり考えているのです。
だから願望は叶います。

 

 

こうだったらいいな~程度では、願望は叶いません。

あなたが、願望を忘れていることをふと思い出し、あ、そうだった繰り返さなきゃ、なんて思っているようなら、それは本当の願望ではないといえるでしょう。

だから、繰り返しをやめてしまうのです。

 

そんな人は、もう一度その願望が真の願望であるのかを
しっかりと見つめ直してください。

あなたのその願望は本当の願望なのか。
こうすべきだからという思いから願望を設定していないか。

そこに矛盾が潜んでいないかを。

 

矛盾する願望は叶わない

 

例えばあなたの今の願望が結婚だったとします。

結婚したいと思いながら、あなたが結婚に対し、

自由がなくなる」とか、「責任を背負うことになる」とか、「親戚付き合いが面倒」とかいった、否定的なイメージを抱いていた場合。

結婚という願望はいつまでたっても叶いません。

何故なら、結婚という願望(肯定的なイメージ)と否定的なイメージの2つが同居し、心の中に矛盾が生まれるからです。

 

●結婚したいけど、自由がなくなるのは嫌だ。

●結婚したいけど、責任を背負うのが嫌だ。

●結婚したいけど、親戚付き合いが嫌だ。

否定的なイメージは、願望に「けど」をつけて、願望(肯定的なイメージ)を打ち消してしまうのです。

 

 

また、あなたが誰よりも一人の時間が好きで、自由に生きたいと望んでいながらも、

「一人前になるには伴侶が必要だ」とか、「いつまでも独身でいては世間的に恥ずかしい」とかいう理由で、願望を設定している場合。

これも、いつまでたっても結婚という現実は現われません。

 

何故なら、結婚が本当の願望ではないからです。

ここでのあなたの本当の願望は「自由」です。

願望が矛盾しているのです。

 

「こうすべき」は義務から生まれる考えです。
義務には他人目線(世間の常識)が含まれています。
自分目線ではないのです。

「こうすべき」で設定した願望が、叶うわけがありません。

 


●一人前になるには伴侶が必要だから結婚すべき
●いつまでも独身でいては世間的に恥ずかしいから結婚すべき

 

潜在意識に刻印されるのは本心です。
神の子はどんなものであれ、矛盾を見抜き、あなたの本心を、あなたの願いとして受け取ります。

 

 

考えてみてください。

否定的なイメージが湧く願望や、「こうすべき=義務」で設定された願望に、ワクワクするでしょうか。

それを考えればワクワクするほどでなければ、人は繰り返しそのことを考えません。そして繰り返さなければ、潜在意識(神の子)に刻印されないのです。

 

神の子(潜在意識)を騙すことはできません

神の子(潜在意識)はあなたが本当に望むもの(強い感情・繰り返された思い)を神へと届けます。

あなたが本当に求めるものを、明確にしなければなりません。

 

神の子(潜在意識)の働きを知る

あなたは、どうなりたいですか。

どうあれば、幸せですか。

 

理想のイメージを思い浮かべ、それにワクワクや平穏や幸せな感情が伴うものならば、それは本当の願望であり、あなたの頭の中で繰り返されます。

そんな願望は必ず叶うものです。

 

願望成就を阻む矛盾を消すには

 

とはいえ、人の心は複雑です。

願望と矛盾する心があって当然。

ならば、矛盾を消せばいいのです。

 

まず、あなたの願望が、矛盾しているかどうかを確かめてください。

願望に「けど」がつくなら、その願望は矛盾しています。

 

例:結婚したいけど、自由でいたい
転職したいけど、スキルがない
挑戦したいけど、年をとりすぎている

矛盾を消すには、本当の願望だけに注目しけどからに変えます。

 

例えば、先に挙げた結婚の例でみてみましょう。

●矛盾→ 結婚したい けど 自由でいたい

●矛盾を消す→ 結婚したい から 自由を認めてくれる心の広いパートナーがほしい

 

不思議なことに、本当の願望だけに注目し、イメージを広げれば、矛盾する心は消えます。

なぜなら、本当の願望こそが、あなたを幸せにするからです。

本当の願望から生まれるイメージは、喜びという光に包まれています。

光のイメージは、次々に光を生みだし、光の感情を大きくします。

人は、こうして否定的なイメージを、願望に準ずる肯定的なイメージへと切り替えることで、いくらでも矛盾を消し、願望を叶えることができるのです。

 

 

本当の願望を起点にし、思考を切り替える。

 

なたの願望の起点が、本当の願望であれば、盤面に置かれた黒い石が一気に白へ変わるように、思考も光や喜びや愛をともない、必ず好転し始めます。

あなたは、本当の願望のために、何かをあきらめることなどしなくていいのです。

逆もまた然りです。

何かを得るために、本当の願望をあきらめなくてもいいのです。

 

自分の願望を見つめなおすということは、

●「こうあるべき」を設定していないか
●願望に矛盾がふくまれていないか

を確認し、対処するということです。

 

自分の求める本当の理想や願望が分かったら、後はそのイメージを繰り返し描き、それに伴う良い感情を増大し、神の子に預けましょう。

 

後は、神の子(潜在意識)が良きにはからってくれます。

 

 

抱いた願望に自信を持つ

 

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]