願いを叶えたければ神の子(潜在意識)に協力すべし

願望を叶え幸せになるための絶対法則⑦

 

あなたが願望を叶えるには、神の法則を発動させなければなりません。

神の法則は、あなたと神の子(潜在意識)のタッグによって発動されます。

なたの仕事は、願望のイメージをよりリアルに思い描くことです。

 

イメージの偉大さを知り、イメージを増やす

願望のイメージが、リアルであればあるほど、神の子(潜在意識)のエネルギー(感情)が高まります。

 

神に、あなたの願望を届けるのは、神の子(潜在意識)です。

あなたの願望のイメージは、エネルギーとして、神の子(潜在意識)から天へと発射されます。

エネルギーが大きくないと、天まで届きません。

勢いが必要なのです。

 

 

エネルギーを大きくするために、あなたがやることは、神の子(潜在意識)に協力することです。

れは、繰り返しです。

 

あなたの願望を繰り返し思い描くのです。

明けても暮れても、寝ても覚めても思い描く。

 

神の子(潜在意識)のエネルギーとは、あなたの願望(思考)に対する神の子の声(感情)です。

感情エネルギー、神の子の喜びの声を大きくするには、わくわくするような良い思考の繰り返しが必要なのです。

 

神の子(潜在意識)の働きを知る

 

これは簡単そうに見えて、簡単ではありません。

なぜなら、人は日々の生活の中で色々な情報をキャッチします。
五感から得られる情報は、次々に思考を変えてしまうのです。

 

例えば、テレビをつけて悲惨な事件や事故のニュースがあれば、あなたの頭は否定的なイメージをして、イヤな気持ちになるでしょう。

誰かの否定的な言葉や態度を見聞きすれば、そちらに意識がいくのではないでしょうか。

 

外の状況によって、思考は常に変化するものです。

 

 

ならば、それを逆手にとればいいのです。

五感(見る、聞くなど)によってあなたの思考は変わるのですから、

五感を使って思考を変え、良い気分になりましょう

 

 

ここで、思い出してください。

あなたに好きな人が出来たときのことを、です。

あなたは、好きな人を目で追い、写真を眺め、声を聴き、香りを嗅ぎ幸せな気分になったのではないでしょうか。

それを繰り返すうちに、好きという感情は日々増長しあなたの頭の中には、好きな人と話したり、食事にいったり、デートをしたりと、リアルなイメージが次々と創り上げられたはずです。

 

お分かりでしょうか。

あなたは、五感を使い、願望をリアルにイメージし、それを繰り返して、好きという感情を大きくしたのです。

 

リアルなイメージの繰り返しが感情エネルギーを増幅します

かつて、実際にあなたもこうして何かの願望を叶えてきたはずなのです。

 

 

神の子(潜在意識)のエネルギーを高めるには、リアルなイメージを繰り返し、ワクワクする楽しい気持ちでいることが大切です。

 

願望を浮かび上がらせるものを常に目に付くようにしましょう。
五感の「見る」を使うのです。

願望をイメージさせる音楽を聴きましょう。
五感の「聴く」を使うのです。

毎日見て聴いてイメージし、それを増やしていきましょう。

 

日々繰り返されたリアルなイメージと楽しい気持ちは、

神の子(潜在意識)の大きなエネルギーとなり、やがて神へと届けられ、現実化します。

 

 

更に、神(宇宙)の気を吸い込みながらイメージすると効果が絶大になります。

なぜなら、大きく息を吸い込む腹式呼吸は、気(エネルギー)を、潜在意識の中枢である太陽神経叢(腹部)に送り込めるからです。

神の子(潜在意識)に栄養を与えましょう。

 

大きく息を吐き、自然に鼻から息を吸い込みながら、願望が既に叶ったイメージをしましょう。

想像を習慣づけ、理想の自分になりきるのです。

今、そうであるかのように、振舞ってください。

あなたがなりたいイメージを抱き続けましょう。

大切なのは繰り返しです。

 

 

人の頭は常に何かを思考しています。

そして願望を叶える人は、常に願望が頭の中にあります

寝ても醒めても気付けばそのことばかり考えているのです。

だから、次々に願望を叶えるための情報が引き寄せられてきて、ついには絶対そうなると信じきり、願望は叶います。

あなたもそうなります。

それが本当の願望であれば、必ず叶うのです。

 

願いを叶えたければ神の子(潜在意識)に協力すべし。

あなたの仕事は、五感を使い、願望をリアルに思い描き、それを繰り返すことです。

 

あなたの願望は本物か 願望成就を邪魔する心の矛盾を消すには

 

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]