心がベタ凪になったときこそ、想像力を働かせる

願望を叶え幸せになるための絶対法則⑩

 

嫌な気分から脱し、日常の平穏な心に戻った時、波風立たないベタ凪な状態の時こそ、気分を上げましょう。

心が、恐怖や悲しみや怒りに包まれたような心が波打つ状態ではなく、良くも悪くもない感情、ベタ凪の状態の時、

そんな時は、願望を叶えるほどのエネルギーはありません。

 

 

人の願望を叶えるエネルギーが最高になるのは、
感情が凄まじく大きくなったとき、繰り返されたときです。

恐怖や怒りに捉われているときは、大波が立っています。
わくわく、ドキドキ喜びに満ちているときも大波です。

この両極端な二つは、エネルギーが大きく、すぐに天へと届くため、
それぞれに描いたイメージの現実、嫌な出来事や良い出来事が目の前に現われます。

 

願いを叶えたければ神の子(潜在意識)に協力すべし

それに比べ、ベタ凪状態は、現実化するエネルギーが低いのです。

神の子(潜在意識)の声(感情)が、良くもなく悪くもない状態=ベタ凪の時は、願望を叶えるエネルギーを高めるように意識してください。

 

心が負の感情へ傾かないように注意して、
日々、ぼけーっとせずに嬉しいことを見つけてください。

 

 

ベタ凪の時に必要なのは、今あるものへの感謝

 

人は、日常の平穏を当たり前のように感じます。
その平穏こそが、本当は有難い(あることが難しい)ということを忘れ、気づけば不平不満を探し出します。

ベタ凪が良くないのは、このためです。

 

今あるものに感謝しましょう。

感謝は、神の子(潜在意識)への応援エネルギーです。

神の子(潜在意識)の働きをすこぶる良くします。

 

友人や、家族の顔を思い浮かべ感謝しましょう。

神の子(潜在意識)の働きが最高になる時、眠る前が最適です。

 

眠る前こそが神と繫がる祈りの時間と心得る 

野原でも戦地でもない、安全な温かい布団の中で安心して眠れることに感謝するのです。

そうすると、あなたの思い描く願望のイメージに、感謝という最高のエネルギーが放射され、願望が叶いやすくなります。

 

心のベタ凪は、波風の立たない=良くも悪くもない状態です。

願望を叶えるためには、良い状態とはいえません。

ですが、思考を操りやすい状態ともいえます。

良い感情を意識的に増やしやすい状態です。

平穏なベタ凪の時、ぼけーっと思考を操作しないまま、放置していては、いつまでたっても願いは叶わず、やがて諦めという面倒な状態に陥ってしまいます。

 

ぬるま湯に浸かっていては真の願望へは到達できない

 

ベタ凪の時にやることは「好き」を探すこと

 

常に自分に問いかけてください。

自分は何が好きなのかを。

ワクワクすることは何かを。

そして好きなことを見て聞いてください。

味わってください。

好きなことで生活を満たすのです。

 

好きな俳優でも、好きな音楽でも、映画でも、ファッションでも、

花や植物でも、ペットでも宝石でも、車でも、お菓子でも、

テニスやゴルフ、釣りやヨガや気功、

マッサージやネイル、美容院、コンサート、カフェ、

何でもいいのです。

この世はあなたの心をくすぐるもので溢れています。

惹かれるものに敏感になってください

わくわくできるようなことを見つけ、それをしてください。

嫌な情報を見たり聞いたりしても、さらりと排除し、
意識して頭の中を愛や美や富裕や健康で満たし、楽しく過ごす。

心がベタ凪状態の時こそ、それを習慣にしましょう。

 


神の子(潜在意識)は、習慣の座です。

繰り返された考えを、必ず実現させます。

 

良い思考の繰り返しは、人生を良いものに変えます。

心がベタ凪状態のときこそ、想像力を働かせ、毎日気分を上げましょう。

 

願望が叶うことを信じられない時に思い出すべきこと

 

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]