悲しみ、苦しみ、落ち込んだ気持ちは三寒四温を経て和らぐ

 

日にち薬

 

心の傷は、時が経つにつれ癒されていくものです。

体の傷がやがて瘡蓋となり剥がれ落ちるように、
人は忘却という心の治癒力を持っています。

 

 

どんなに傷ついても時と共に忘れていくのです。

傷ついた記憶は、経験として残りますが、そのときの痛み、苦しみ、悲しみといった感情はいつか消え去ります。

誰にも平等に与えられた時間が、消してくれるのです。

だから、今、心が傷つき、痛み、泣いていたとしても、
やがて、その悲しみは必ず消えるのだということを知りましょう。

やまない雨はないのです。

 

 

ですが厄介なことに、人の気持ちはそう簡単に切り替えられるものではありません。

悲しみが深ければ深いほど、執着や恨みが強ければ強いほど、
やっと抜け出そうと決心し、一歩ずつ前へと進み始めたのに、
苦しい感情がよみがえり、またも悲哀の海へと沈んでしまう。

気分は上がったり下がったりを繰り返すのです。

これも普通です。

 

凍てついた心は、折れ線グラフを描きながら、三寒四温さながらに、やがて溶け出し、温かさを取り戻すものです。

 

 

持ちが折れ線グラフを描きはじめたら、
心はもうすぐ春を迎えようとしていることを知りましょう。

さわやかな風が肌を撫でる、花咲く大草原に立つように、
やがて必ず、心に平穏が訪れます。

 

悪感情が再び顔を出し、心に冷たい風が吹いたなら、すぐに春の陽だまりを思い出しましょう。

 

嫌な感情を手放すには、頭の中に広がる嫌なイメージを、温かな良いイメージに置き換えることが大切です。

 

信号無視は神への裏切り

折れ線グラフが上がったときに何をイメージしていたか、チェックしておきましょう。

おそらくは幸せな未来を想像していたはずです。

 

 

春はもうそこまで来ています。

本当は、あなたもう既に癒されているのです。

 

 

病み人は森へ行こう 気力を養う森の贅沢

 

 

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]