病み人は森へ行こう 気力を養う森の贅沢

 

 

心が病んだら森へいこう

 

森は、癒しのエネルギーに満ちています。

生命力の強い木々が放つ強い精気は、病み人を驚くほど回復させるのです。

病み人の気(エネルギー)は、ひどく弱っています。

川の流れが澱み、水が濁ってしまうように、悪い気(エネルギー)がたまっているのです。

これでは苦娑婆という現世を、容易に渡ることはできません。

邪気を吐き出し、自然の清々しい気(エネルギー)を取り入れることが急務です。

 

 

森の中を歩き、森の中で休む。

大地に横たわり、木漏れ日を浴びて、風を感じましょう。

そこにはひどく孤独な、しかし贅沢な時間が流れています。

外の世界を遮断し、内なる世界へあなたを誘う、あなたが安らげる場所です。

人の創り出すやかましい音や、煩わしい現実を遠ざけ、鳥のさえずりや風の音や木々のささやきといった自然の音に耳を傾ける。

自然の奏でる音は、特有の低周波音が含まれていて、人の気(エネルギー)を高めてくれます。

 

 

森を歩き、深く息を吐き、新鮮な空気を吸い込む。

森で休み、日向ぼっこをし、草花の香りを嗅ぐ。

悠々と、自然にまかせた平穏な時を過ごしましょう。

自然は神の恩恵であり、強壮剤です。

 

頭を空っぽにして、ただ自然の中にいる。

森の中の野生を感じ、人も自然の一部なんだと感じるまでそこにいる。

 

 

人生には休養が必要です。

人は自然と乖離した生活をすればするほどに、人生の方向性を間違えてしまいます。

だから苦しむのです。

あなたが休んだところで、誰も咎めはしません。

あなた一人休んだところで、他人の人生は何も変わらないのです。

あなたはあなたの人生を、他人は他人の人生を、ただ生きるだけ。

 

 

森を歩き、森で休む。

泰然自若な自然の中で、何も考えず、ただ自然に身をまかせる。

自然と親しんでいるとふと気付くでしょう。

自然、広大な宇宙からみれば、人も出来事もちっぽけなものだと。

そのころにはもうあなたの気(エネルギー)は戻りつつあります。

マイナスの気がふっと外れた瞬間に、溢れんばかりの英気(エネルギー)があなたの中に流れ込んでくるのを感じるでしょう。

 

生きる意味を問いたくなったら森へいこう。

 

森は人生と向き合える場所なのです。

森には神(宇宙)に近いエネルギーが満ちていて、森の中で自然の一部になり、気(エネルギー)を吸収すれば、あなたの勘は自然と研ぎ澄まされてきます。

そうすると森全体からメッセージが伝わってくるのです。

 

あなたは人生の方向性を見つけられます。

森の中で過ごせば、正しい方向へ導かれるのです。

何故なら、あなたは森の中で神(宇宙)と繫がったからです。

 

 

病み人は森へ行こう。

森は万人にひらかれています。

 

神の正体とあなたの存在価値を知ろう 

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]