魂が宿る言葉を侮るべからず 

願望を叶えるための戒律と技法①

 

日本には言霊という言葉があります。
その字のとおり、言葉には魂が宿るという意味です。

魂=神の子=潜在意識

ですから、言葉は潜在意識に刻まれます。

 

やれ、ありがとうを100回言えだの、
ホ・オポノポノ(ハワイの癒しの言葉)を唱えるだの、
マイナスの言葉をプラスに変えるだの、

世間で言われているのには意味があるというわけです。

 

言葉は願望を叶えるためのツール

 

暴言や悪口や不平不満を言葉にし続ければ、それが魂(潜在意識)に刻まれます。

すると神の法則により、あなたに、悪口や不平不満な状況がもたらされるのです。

 

あなたが自分のことを、年をとったとか老けたなどと言えば、魂=神の子がそれを聞いていて、あなたの細胞に司令をだします。

細胞は指示通りにシワやたるみを増やし、年をとったとか老けた状態のあなたを作り上げるのです。

実年齢よりもはるかに若く見える健康な人たちは、自分が年をとったなどとは思っていません。
その考え(思考)が若い自分を作り、周りの人からの「若いね」という言葉を引き寄せ、更に若い自分を創り上げるのです。

 

言葉を侮ってはいけません。

言葉は、人間の持つ素晴らしいツールです。

それは、他人とのコミュニケーションのためだけに使うものではなく、あなたが願望を叶え、幸せになるために使うツールでもあるのです。

 

言葉がもたらす自己暗示効果

 

日々使う言葉を変えましょう。

否定的な言葉は使わず、肯定的な言葉を選んでください。

例えばあなたが異性にもてず、いつも卑屈な態度でいたならば、日ごろ使う言葉も卑屈なものになっているはずです。

「どうせ私なんか」という自分を卑下する言葉は、今すぐやめましょう。

あなたは下賎ではないのです。

どうせ私なんかと呟くとき、あなたの心の奥で、神の子の嘆きの声(負の感情)が聞こえるでしょう。

その考えは間違っているのです。

神の子(潜在意識)の働きを知る

 

断定法

 

私は気高い、尊い人間だと独り言を言ってください。

断定的に言うのです。

卑屈になっているなと気づいたら、すぐに唱える。

すると、脳の働きにより、あなたが思う気高いあなたのイメージが頭の中に作られます。

脳は言葉からイメージする機能をもっています

周りから尊ばれているあなた。
羨望を受けるあなた。
堂々と歩くあなた。
立ち居振る舞いの優雅なあなた。

そんな良いイメージを増やしていってください。

 

その時、神の子の声(良い感情)は歓喜に満ちるはずです。
正しい思考をしている証拠なのです。

 

言葉から生まれたイメージが繰り返されると、神の子(潜在意識)は「気高いあなた」を神へ注文します。

神の子から神へと届けられた「気高いあなた」は、神の采配により、現実化するのです。

自分は尊い高貴な人間である」と思わせるような出来事が起こってくるのです。

それは他者からの称賛であったり、敬う態度であったり、人気であったりと、周りを通して「気高いあなた」を目の当たりにするでしょう。

 

 

魂が宿る言葉を、侮ってはいけません。

良い言葉がもたらす効果とは、自己暗示です。

それは、あなたの考え方を変え、神の子(潜在意識)に良い結果を運んでくるように、司令を出しているのと同じことなのです。

 

「人間の運命を変えようと思ったら、先ず日々の週間から変えるべし」松下幸之助

 

良い言葉を使いましょう。

日々、繰り返す言葉は、イメージとして神の子(潜在意識)に刻まれます。

 

言葉の繰り返しをやめてはいけない理由と脳の働き

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]