嫌いな人や面倒事は神の子とタッグを組んで解決すべし

 

※この記事は「イライラや憤懣に浸ることは大罪である」の続きです。

 

ある女性の話をしましょう。

子供の頃から、神の子(潜在意識)が自分の中に内在していることを無意識に知っていた、嫌いな人を、(自ら手を下すことなく)消すことのできる女性の話です。

 

 

ある日、夏休みの宿題をしろと、母親に言われた彼女は、
面倒くさいなと思い、こう答えました。

「宿題は、31日の私(未来の私)がやるからいいの」

母親は屁理屈ばっかり言って、と怒りましたが、彼女は、本当に「未来の私」がいることを知っていて、宿題という問題を任せきっていたのです。

そして彼女は、夏休みの終わり、宿題にとりかかり、終わりそうもない宿題を見て悲しくなりました。

そしてすぐに、

「明日の私(未来の私)は、この嫌な宿題から開放されているんだ。なんて幸せなんだろう」

という、良いイメージを広げたのです。

 

普通なら、終わらない宿題は恐怖です。
次の日の先生の怒った顔(悪いイメージ)が思い浮かぶでしょう。

ですが、彼女の頭に浮かんだのは、宿題から開放された良いイメージです。恐怖などどこにもありません。

 

そして次の日、宿題を終わらせなかった彼女は、先生の怒りの顔を見る事はありませんでした。

 

これは大人になっても変りませんでした。

職場の人間関係や、問題ごとが起こり、嫌な気分になると、
彼女は、自分の中のもう一人の自分神の子・潜在意識)に任せるのです。

頼んだよと、嫌な思考を丸投げし、別の事をもくもくとやり始めるのです。

夜になり、他人の嫌な部分を思い出し、嫌な感情に支配されている事に気付くと

「もういい、寝なさい」

ともう一人の自分の声が聞こえるのです。

 

他人への嫌な気持ちを、もう一人の自分(神の子・潜在意識)に預けた彼女は、食事をし、お風呂をすませ、寝床に入ります。

そして、布団の中で、体を温めてくれる毛布の心地よさに触れ、安心して眠れる家がある事にただ幸せを感じます

世の中の、食事もままならない、入浴もできない、住む家もない人たちを思い、恵まれている自分を実感し、今あるものに感謝するのです。

 

 

これは、彼女が、神の子の導きに従っていることと同じです。

すぐに嫌な感情(神の子の危険信号)に気づき、頭の中のイメージを、良いものに切り替えています。

 

信号無視は神への裏切り

そして、眠りに着く前に感謝という波動(エネルギー)を出し、
神の法則に則って、感謝を引き寄せ、感謝するような現実を創り出しているのです。

眠る前こそが神と繫がる祈りの時間と心得る 

 

結果、嫌な人や面倒事は、彼女の周りから消えていく(問題ごとはなくなる)という現象が起こりはじめます。

毎回そうなります。

彼女が手を下すことなく、退職していくのです。

 

 

これが、神の子を信頼せず、頼らず、
自分の頭(顕在意識)にだけ頼っていたらどうでしょう。

嫌な人から受けた言葉や態度、出来事を自分の頭だけで解決しようとしたら。

脳の防衛反応の働きにより、嫌な思考を膨らませ、嫌な気持ちを煩い続け、現実に嫌な状況を引き寄せたはずです。

 

そして、ほとんどの人が、そうします。

頭(顕在意識)だけに任せ、神の子(潜在意識)の声をきこうとはしません。

それは、神の子の存在に気づいていないからです

 

だから、人間関係で日々、悩み、嫌な気分に陥っている人が多いのです。

 

 

 

彼女は、昔から、神の子(潜在意識)の存在を知っていたわけではありません。

ですが、無意識に、もう一人の自分(神の子・潜在意識)がいることを知っていて、その声を聴き、導きに従っていたのです。

 

 

神の子神の法則を知らない普通の人は、彼女のようにはいきません。

彼女のように、嫌いな人や面倒ごとを消したければ、神の子を知り、神の子を信じ、頼みましょう。

 

神の子は、あなたの守護神です。
あなたの心の奥に内在し、あなたを常に守り、あなたの思考に対し声を上げ(感情)、あなたに幸せの方向を指し示してくれるのです。

 

あなたは他人のことをどーこーしようなどと考えず、神の子に任せて、自分の頭を楽しい事に使えばいいのです。

 

嫌いな人や面倒ごとに対する一番の解決法は、神の子とタッグを組むことです。

神の子の危険信号(感情)に気づき、「頼んだよ」と嫌な思考を丸投げし、頭の中を良いイメージに切り替えることです。

 

そうすれば、嫌いな人や面倒ごとは、自然と消えてなくなるのです。

 

神の法則と与えられし2つの能力

 

嫌いな人の見えざる策励 魂の約束と転機 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]