失恋からの脱出 崇高な愛が執着を消す

 

復縁も新たなご縁も心根次第

 

恋愛は素晴らしいものです。

一瞬にして人を天国へ連れて行き、天使の歌を奏で聴かせます。

素晴らしい文学や音楽の多くも、この儚い恋愛という非日常の出来事によって、次々に生みだされてきました。

 

ですが、

恋愛は、冷めてしまえばクソなのです。

恋愛を過大評価してはいけません。

 

 

失恋は、この世に起こる憂き目において、最も贅沢な悩みだといえます。

何故なら、この世には男も女も星の数ほどいるし、男にしろ女にしろ恋人と別れたくらい、生きていく上で何の支障もないし、何の事件にもなりません。

離婚ともなれば、慰謝料やら養育費やら、専業主婦なら仕事を見つけたりと、訴訟や金銭上でもいろいろ面倒な問題がでてくるでしょうが、

恋人との別れなんて、実害のない、所詮、箸を持つのが重くなる程度のことなのです。

 

ただ、赤の他人がいなくなるだけのこと。

 

とはいえ、渦中の人はこの世の終わりだといわんばかりに沈み込みます。

食事もとれず、眠ることも出来ないのです。

 

やめましょう。

クソのために、もう自分を痛めつけるのはやめるのです。

 

縁があれば、また結ばれるということを知りましょう。

そして別れにより、新たな縁が生まれることも知りましょう。

 

 

痛みを手放す

 

人との出逢いは、ご縁です。

恋人との別れは、新たな縁を結ぶために絶対に必要であり、
それが復縁なのか、別のご縁なのかは神のみぞ知るところであり、
良縁をいただけるかどうかは、その人の心根に懸かっています。

 

そしてどっちにしろ素晴らしいご縁を頂くには、
早々に失恋の痛みを手放さなければなりません。

 

痛みの原因は執着心です。

失恋に苦しむのは、失うことへの恐れ(執着)があるからであり、
去る方からみても、執着ほど醜く重くうざいものはありません。

執着という念の威力は絶大で、
恐ろしいことに、たとえ離れて音信不通であったとしても、
その邪悪な念は相手へ届きます。

何故ならこの世のものは皆、同じ宇宙というエネルギーで繋がっているからです。

 

もしもあなたが復縁を望んでいるのなら、
執着は更にその縁を遠ざけるということを覚えておきましょう。
うざいやつからは誰もが逃げたくなるものです。

 

もしもあなたが、この失恋の苦しみを今すぐ脱し、新たな幸せを見つけたいのならば、早々に執着を手放しましょう。

 

あなたを破滅へと向かわせる悪の執着とその正体

 

去っていく恋人は、去っていくから美しくみえるのであり、
冷めてしまえば、なんのことはないだだの男であり、女です。

 

 

今ある現実は、あなただけが未だ魔法にかかっている状態で、
別れを選んだかつての恋人は、既に魔法がとけている状態です。

あなたも、美しい思い出や愛や受けた痛みをいったん脇において、
クールに相手を見てやればいいのです。

 

 

 

 

どうですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

たいした相手ではないでしょう。

 

痘痕もエクボ(痘痕もエクボのように可愛く見える)

歯糞も金歯(歯糞も輝いて見える)

禿げもリボン(禿げもチャームポイントに見える)

 

幻覚なのです。

 

愛だの恋だの、男女が子孫を残すべく与えられた幻覚のために死んでいくのは、シェイクスピアの本の中だけで充分ではないですか。

 

 

苦しみを消す菩薩の精神

 

それでも

「この恋は本物だ」

「自分にはこの人しかいない」

「忘れることなど絶対にできない」

と息巻くのなら、相手の全てを愛するしかないでしょう。

 

今生で結ばれぬのなら来世で逢おうと、潔く身を引き、
愛された記憶も、傷つけられた憎しみも、別れを選んだ裏切りも、
全て受け入れ、

たとえこのまま逢えなくても、自分の元に帰ってこなくても、
菩薩のようにただその人の幸せを想い、祈り、

その人に与えるはずだった愛や優しさを他者へ施し、そんな自分を愛し、誇りに思い生きていく。

 

その思いは執着ではありません。

欲さず、与える愛です。

 

執着という悪感情ではなく、その心根にあるのは崇高な愛。

そこに恐れなど微塵もなく、あるのは穏やかさを湛えた湖のような落ち着きだけ。

そんな心に良縁が引き寄せられないはずはありません。

 

 

悪縁も良縁も、自分の心の奥が引き寄せます。

良い心には良い縁だけが舞い込むのです。

崇高な愛は、執着を捨てます。

復縁も新たなご縁も、その心根で決まることを覚えておきましょう。

 

もしあなたが、そんな崇高な愛なんて無理だ、とはなっから否定するならば、その愛は我欲です。

そんなあなたの見せかけの愛を、相手は心の奥底(潜在意識)で見抜いていたということなのです。

 

 

「誰かを愛することは、その人に幸福になってもらいたいと願うことである」

トマス・アクィナス

 

 

 

あなたは必ず幸せになれる 「幸せになれる神の法則」

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]