絶望こそが真の幸福への道しるべである 絶望からの復活 極意④

 

絶望や不幸の裏には、幸福へ繫がる道があるということを知りましょう。

絶望は、実は幸福への道を見つけるために与えられた絶好の機会、チャンスです。

絶望に浸りきり、もがき苦しみ、悲しみの中に居続ければ、それに気付くことはできません。

気付くとすれば、それは、絶望を受け止め、開き直ったときです。

 

 

何故なら、真の幸福への道筋は、他でもないあなたの心の奥底=魂(潜在意識)が知っているからです。

 

そして「開き直る」ことは、あなたの魂(潜在意識)を覆い隠す恐怖や不安や悲しみや怒りという闇を切り開き、元の純粋な魂が表れる状態に直すこと、

即ちそれは、人が幸せへの道筋を見つけるために講じる手段(思考力)なのです。

 

真の幸福へと導く魂(真我)のメッセージをキャッチしたいなら、

絶望を受け止め開き直るしかありません。

 

開き直り、魂の声を聴く。

 

絶望は、真の幸福への道しるべです。

 

何故なら、絶望というすさまじい暗雲を、思考という意思の力で取り払えば、そこには雲一つない青空のように、あなたの生まれてきた目的=真の幸せ知る魂が、もろに姿をあらわすでしょう。

 

あなたは、絶望を通して、やっと、神の啓示ともいえる一筋の光を、見つけるのです。

 

 

 

それは、ひらめきとして現われます。

ふと頭にイメージが浮かんだり、自分の声が聞こえたり、

他人の言葉や本や映画のなかの台詞など、いろんな形をとって、あなたに授けられるでしょう。

その魂の導きをまっすぐにみつめれば、絶望的な状況は、絶望的ではなくなります。

 

あなたは、あなたの人生に必要である気づきのために与えられた絶望を、俯瞰で見ることができるのです。

俯瞰で見れば、自分が置かれている最悪な状況や立場を、感情に振り回されることなく、まるで他人事のように見ることができるでしょう。

 

なるほど、そういうことかと、絶望の裏にある本当の意味、生きる意味、生きる目的、この世で成すべき使命=真の幸せに気づけるのです。

 

 

 

人生の転換と飛躍

 

最悪とも思える出来事は、人生の転換期に訪れることを知りましょう。

 

一見、悪い事のように見える出来事は、実は人生の大きな転機です。

今、あなたの人生は、飛躍の時大きな節目を迎えているのです。

 

何故なら、運はどん底から上昇するものだからです。

そして、成功や飛躍のチャンスを掴むには、その波に乗るしかありません。

 

この苦しくも困難な、人生最大の絶体絶命だと思われる出来事に、どのような意味があるのか

そう思考できる人には、天からのメッセージが必ず届きます。

 

あなたは、絶対にあなたが求める真の幸福への道を見つけられるのです。

 

不幸や絶望的な出来事は、実はあなたを真の幸福へ導くために起こったのだと気付けば、状況は劇的に良い方向へ変化します。

 

災い転じて福と成す

この大きなチャンスを絶対に逃してはなりません。

 

人生に起こる不幸や恐ろしい出来事を受け止め、立ち向かい、開き直り、腹を括る。

いつまでも同じ位置で左右前後に考えを巡らし、悪感情に苛まれていては、せっかくのチャンスを棒に振ることになるでしょう。

骨折り損です。

 

最悪な出来事は、あなたを苦しめるために起こるのではありません。

真の願望に気付かせるため、敢えて絶望という深い谷に突き落とされているだけにすぎないのです。

成功者に絶望経験者が多いのは、絶望という苦境に逢い、真っ暗闇の中で、真の願望や理想に気付いたからです。

 

 

 

絶望や不幸な出来事は、あなたの心の奥底が望む輝くステージへとあなたを押し上げるためにあります。

 

真我(魂)が望む願望とは、あなたの真の幸せであり、それは必ず叶います。

そして必ず飛躍し成功します。

 

何故なら、そのためにあなたは生まれてきたからです。

 

絶望は、あなたが生まれる前に、あなたが自らを信じて、自ら計画してきたことなのです。

故に、全ては、あなたの準備が整った時に起こります。

乗り越える力が備わった時に、起こるのです。

 

暗闇の中に差し込んだ一筋の光に気付き、真の幸福への道筋を見つけてください。

 

大丈夫。

あなたが絶望に感謝する日は、そう遠からず必ずやってきます。

絶望こそが、幸福への道しるべなのですから。

 

不幸は願望への近道である

 

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]