春という季節はすべてを一度許すために巡ってくる

 

自分を赦す

 

全ての人は罪人です。

宗教ではありませんが、法に触れないだけで罪を犯している人はたくさんいます。

大なり小なり全ての人が、罪を背負っているのです。

 

あなたはどうでしょう。

 

今でも心に引っかかる出来事。

心の傷や苦悩、罪の意識。

罪の意識をもって生きる人の心は、哀しいものです。

笑っていても、他人は騙せても、忘れたふりをしていても、ふとした時に疼きだしてしまう。

それはあなたの良心が、罪や過ちを犯した自分を処罰しようとしているからなのです。

 

 

「春という季節はすべてを一度許すために巡ってくる 」Henry David Thoreau

 

罪を許せるのは、他のだれでもありません。

あなた自身であることを知りましょう。

 

もしもあなたが、

「自分はこれだけの罪を犯したのだから、幸せにはなれない」だとか

「いつか何かの形で天罰が下るだろう」などと思っているのなら

それは間違っています。

過去の罪や後悔の念に怯えることこそが、罪であり、過ちなのです。

 

不幸の真実と願望が叶わない理由

人の体細胞は11ヶ月で全部入れ替わるということをご存知でしょうか。

今のあなたは、当時の罪や過ちを俯瞰で見ることができ、

今のあなたが過去と同じ罪や過ちを犯すことはないでしょう。

それは、肉体的にも精神的にも生まれ変わっているということです。

 

過去に罪を犯したあなたはもういない。

既に無実である自分を断罪するのは、もうやめましょう。

あなたの罪は、あなたの心が作り出した幻想に過ぎないのです。

 

 

もしもあなたが、

「あなたの罪を今すぐ消してあげるから、この場に出してみせてほしい」

と言われたら、どうでしょう。

 

目の前に出すことができますか?

 

そう、

あなたの罪は、今はもう、どこにもないのです。

 

 

自分を許すことは、心に平和をもたらします。

もしも自分を許すことが難しいと思うのなら、

善意を持ち、徳を施し、関わる人に愛や喜びや思いやりを与えてください。

そうすれば、心の中に平和が訪れ、自分を許せるようになります。

 

罪を許すのは神でも他のだれでもないのです。

 

あなた自身なのです。

 

以下

孤独の愉しみ方 ヘンリー・ディビッド・ソロー

森の生活者ソローの叡智 より抜粋

「春という季節はすべてを一度許すために巡ってくる。」

「一度小雨が降っただけで、草の緑は濃さを増す

同様に、よい思想が入ってくると、僕たちの展望も明るくなる。

もし常にいまに生き、わずかに降りた露の影響さえ正直に表わす草のように、

この身に起こるあらゆる出来事をうまく活かすことができれば、

僕たちは幸福になれることだろう。

すでに春が来ているのに、僕たちはまだ冬をさまよっている。

すがすがしい春の朝には、人間の罪はすべて許されるのだ。」

 

あなたは必ず幸せになれる 「幸せになれる神の法則」

 

 

LINEで送る
[`yahoo_buzz` not found]
[`google_buzz` not found]